のぼり旗を使った効果的な宣伝方法

使い勝手に優れたのぼり旗が注目を集めています

NOBORI これまで人間の視覚に訴えて「癒やし」や「元気づけ」のキッカケを
作ってくれていたものといえば、主にアイドルポスターや最近では
アニメキャラクターのタペストリーなどですが、タペストリーは
ひと昔前までは、富士山とか各地の観光名所の絵と相場が決まっていたものです。

それが最近では、アニメの人気キャラやアイドルが描かれたものが
アキバ系の中で爆発的に流行し、不動の地位を築いています。

タペストリー

しかし、ポスターもタペストリーもそれを掲示する「壁」となるものが必要です。

しかも、ポスターは一度テープで貼ったら剥がせないし、押しピンは穴が空いてしまいます。
タペストリーは布を貫通しているバーを引っ掛けるものが必要で、
やはり壁に沿って掲示することになります。

その点、のぼり旗は部屋の何処でも移動させることが可能であり、
気分次第で向きを変えようが、置く場所を変えようが自由に移動させることができるアイテムです。

秋葉原ではのぼり旗がいろいろな方法で至るところで使われています。
どこかのメーカーが他のグッズと同じラインで製造しているものも多いでしょうが、
のぼり旗専門店の京都のれんは、こだわりの「のぼり旗」を丹精込めて製造しています。

のぼりの製造

のぼり旗の使い方の幅が拡がってきた

ポスターやタペストリーにはもう飽きた方、またはもう壁にびっしりで貼るスペースが無くなっているという方が、
このキャラクターのこんな描画を飾りたいが何か方法はないかと考えると、「空間に置く」という方法があることがわかりました。

店舗の前などでは目にしていたのに、その用途について深く考えたことは無かった人が
多かったのですが、「これは掲示方法として部屋の中でも使える」と若者を中心に幅広い展開をみせ始めました。

のぼり旗専門店の「京都のれん」はネットでものぼり旗を販売しており、お客様のニーズを聞いて、
それに沿った商品に仕上げる技術があります。

好きなアニメのキャラクターが掲載されたのぼり旗がほしい、部屋に置いてみたいというニーズが
若者を中心に増えており、のぼり旗専門店が果たす役割が広がりをみせています。

固定されてしまう掲示物より移動できる掲示物が利便性に優れていることは言うまでもありません。